トップ サイトマップ 相互リンク お問い合わせ パン作り応援サイト【PAN BOX】
検索
 
インデックス
オススメLINK
What's New
オススメアイテム
強力粉 ・リスドォル ・カメリヤ ・スーパーキング
リンク
▼携帯からも閲覧できます▼ 携帯QRコード

スポンサードリンク


フランスパン作りで焼く前に霧吹きする理由

フランスパンを焼く前には、霧吹きをします。シュシュッと生地に水をかけます。なぜ霧吹きをするかご存知ですか?

その理由は、

霧吹きをすると、生地の表面に水分がついて、その水分が生地の小麦粉と反応し、のようになります。糊のようになると、生地を焼いたときにパリっとして、硬い表面が出来上がるんです。ですからフランスパンは十分に霧を吹いてやると、外はパリっと中はしっとりになるんです。

なるほど、他のパンでは霧を吹かない理由がわかりましたよね。しっかりパリパリにするために、3回ほど霧吹きしてみましょう!

<参考文献>
1. パン「コツ」の科学
2. フランスパン・世界のパン本格製パン技術
3. 100%パン
4. フィリップ・ビゴのパン