チョコロール食パンのレシピです。食パンの作り方について解説しております。

パンレシピBOX -TOP- > 食パン > チョコロール食パンのレシピ

スポンサードリンク

チョコロール食パンのレシピ

ブリオッシュ 牛乳ベースのリッチな食パンにチョコチップを加えました。

【材料】
スーパーキング 食パン用最強力粉(ふっくらする小麦粉) 400g
safインスタントドライイースト 小さじ2
砂糖 大さじ4
塩 小さじ1
バター 40g
牛乳 280ml
ビタミンC 微量
キャラメルチョコチップ 100g

〜材料を混ぜる〜
食パン レシピ1 準備:牛乳を30〜40℃に温める。
食パン レシピ1 1. 小皿にドライイースト、砂糖、温めた牛乳 大さじ3〜4杯(280 mlから取る)、ビタミンCを入れ、かき混ぜる。このとき、ゴム製のヘラでつぶすように混ぜるとよい。(20分ぐらいで発酵が進み、泡がボコボコと出てくる)
食パン レシピ1 2. ボウルに入った小麦粉に温めた牛乳(30〜40℃)を加え、ヘラでざっくりと混ぜる。
食パン レシピ1 3. ひとまとまりになったら、カードを使って生地をコネ台(40×60cmほど、きれいに拭いたテーブルでもOK)の上に移す。
〜捏ねる〜
食パン レシピ1 4. 生地を手のひらでぐっと押し、手前に引きながら「の」の字を描くように回しながら捏ねる。さらに生地を片手で持ち上げて伸ばし、台にたたきつけるようにする。伸ばして叩くを繰り返すとコシが出る。捏ね始めはベタつくのでカードなどを使うと便利。
食パン レシピ1 5. 手に生地がつかなくなったら、真ん中にバターと塩を乗せて、生地を折り込んで包み、さらに叩いたり、「の」の字を描いたりして捏ねる。バターを入れてから5分ぐらい捏ねる。(合計10分ぐらい捏ねる。)
〜一次発酵〜
食パン レシピ1 6. 表面がつるっとして、まとまったら捏ね上がり。生地を丸める。このとき、側面の生地を下に巻き込むようにして、丸くし、生地の表面をピーンと張らせる。(⇒ピーンと張らせる理由
食パン レシピ1 7. ボウルに生地をとじ目が下になるように入れ、ボウルにラップフィルムをかけ、生地の乾燥を防ぐ。30℃くらいのオーブン内で2倍にふくらむまで1時間ほど発酵させる。発酵は暖かい時期は何もしないオーブン内で、寒い時期はオーブンを40秒〜1分間温めるか、オーブンの発酵モードを利用してオーブン内を温めて生地を入れる。(オーブンの発酵モードは表示より熱くなることがあるので注意)
食パン レシピ1 8. 生地が2倍になったら発酵を終了。
食パン レシピ1 9. カードを使ってボウルから生地をコネ台の上に出す。2分割して、とじ目が裏になるように丸め、表面をピンと張らせる。とじ目はしっかりとじ合わせる。
〜ベンチタイム〜
食パン レシピ1 10. 丸めた生地を、とじ目を下にして、ふきん(キャンバス地)の半分に並べ、折り返してかぶせる。その上にも乾燥しないように堅く絞った濡れぶきん(または、塗らしたクッキングペーパー)を広げてのせて湿度を確保する。室温で20分間ほどベンチタイムをとって生地を休ませる。
食パン レシピ1  
〜成形〜
食パン レシピ1 11. ふきんから生地をコネ台の上に戻し、1つずつ楕円形にのばす。
食パン レシピ1  
食パン レシピ1 12. 1枚の生地に50gずつのチョコチップを載せる。
食パン レシピ1  
食パン レシピ1 13. 生地を向こう側から手前へクルクルと巻く。とじ目をピチっと丁寧にとめる。
食パン レシピ1 14. とじ目を下にして、クルクル面が短側に向くように生地を2つ並べる。
〜二次発酵〜
食パン レシピ1 15. 再度、7.と同じ条件で、30℃くらいのオーブン内で2〜2.5倍にふくらむまで(生地が型から1cmほど出るまで)1時間〜1時間半ほど二次発酵させる。
〜焼成〜
食パン レシピ1 16. 生地の表面にたっぷり霧を吹き、220℃のオーブンで35分焼く。焼きあがったら、型から出して、網に乗せ、あら熱をとる。
食パン レシピ1  
食パン レシピ1 完成!

 

パン作りのコツ
リッチ
リーン
食パン
菓子パン
ピザ
サンドウィッチ
パン用強力粉
パン用最強力粉
国産強力粉
フランスパン用
薄力粉
全粒粉
計器
スープ
パスタ