フランスパン作りで焼く前に霧吹きする理由です。パン作りのコツについて解説しております。

パンレシピBOX -TOP- > パン作りのコツ > フランスパン作りで焼く前に霧吹きする理由

スポンサードリンク

フランスパン作りで焼く前に霧吹きする理由

フランスパンを焼く前には、霧吹きをします。シュシュッと生地に水をかけます。
なぜ霧吹きをするかご存知ですか?

その理由は・・・

霧吹きをすると、生地の表面に水分がついて、その水分が生地の小麦粉と反応し、
糊のようになります。糊のようになると、生地を焼いたときにパリっとして、硬い表面が出来上がるんです。

ですからフランスパンは十分に霧を吹いてやると、外はパリっと中はしっとりになるんです。
なるほど、他のパンでは霧を吹かない理由がわかりましたよね。
しっかりパリパリにするために、3回ほど霧吹きしてみましょう!

パン作りのコツ
リッチ
リーン
食パン
菓子パン
ピザ
サンドウィッチ
パン用強力粉
パン用最強力粉
国産強力粉
フランスパン用
薄力粉
全粒粉
計器
スープ
パスタ