コネ方は「の」の字?それとも「叩きつけ」?です。パン作りのコツについて解説しております。

パンレシピBOX -TOP- > パン作りのコツ > コネ方は「の」の字?それとも「叩きつけ」?

スポンサードリンク

コネ方は「の」の字?それとも「叩きつけ」?

パン生地をコネるとき、「の」の字を描くようにするのか、「叩きつける」ようにするのかは、
レシピブックによって違いますよね。

生地がベタベタしてるときは「の」の字で、ある程度まとまってきたら
「叩きつける」コネ方にするのが一般的なようですが、実はこれらのコネ方にはもう一つの違いがあります。

それは、 生地の温度調整です。「の」の字を描くようにコネれば、
手のひらの温度と摩擦の熱で生地が温まります。

逆に、「叩きつける」ようにすると空気に触れる分、生地が冷えていきます。

生地は24℃に維持するのが最適だといわれています。
手のひらセンサーを使って、生地の温度を調節してみてください♪

パン作りのコツ
リッチ
リーン
食パン
菓子パン
ピザ
サンドウィッチ
パン用強力粉
パン用最強力粉
国産強力粉
フランスパン用
薄力粉
全粒粉
計器
スープ
パスタ