タンパク含有量とはです。パン作りのコツについて解説しております。

パンレシピBOX -TOP- > パン作りのコツ > タンパク含有量とは

スポンサードリンク

タンパク含有量とは

パン用小麦粉を買う場合によく目にするのがタンパク含有量。
タンパク含有量とは、 小麦粉に含まれるタンパク質の量のことです。

タンパク含有量が高いほど、グルテンが形成されやすく
イーストが出すガスを保持する力が強くなり、 パンがふっくらとよく膨らむようになります。

タンパク含有量が
13.0%以上→最強力粉
11.5〜13.0%→強力粉
11.5〜9.0%→中力粉、準強力粉
となります。

最強力粉は山形食パンなどふんわりさせたいパンに、
中力粉はフランスパンなどのリーンなパンに向いています。

また、国内産の小麦粉は海外の小麦に比べてタンパク含有量が少なめで、
噛み応えがあり、重めのパンになります。 そのため、一般に、国内産の小麦と天然酵母は相性がいいといわれています。

パン作りのコツ
リッチ
リーン
食パン
菓子パン
ピザ
サンドウィッチ
パン用強力粉
パン用最強力粉
国産強力粉
フランスパン用
薄力粉
全粒粉
計器
スープ
パスタ